2017.05.14

*コーヒーにまつわるetc.京都編*(2011/06/14)

みなさま、今日のごきげんはいかがですか? Photo京都には、たくさんの老舗喫茶店があります。 「レトロ風」じゃなくて、本当に古い喫茶店。 昔から(京都の短大に通っていました。)そういう 老舗喫茶店に行くのが好きでしたが、少し前 こどもの本の専門店「メリーゴーランド」の 京都店に遊びに行った帰りに、Photo_2 近くにある、そんな 老舗喫茶店に行ってきました。 かなり久々だけど…… まだ、あるかな〜……あるある! いっきに気分がタイムトリップ* (昔、ここに来ていたころの私に) フランスの画家、 ジャン=フランソワ・ミレーからとった 「フランソア」という名前がつけられた喫茶店で、 7創業はは昭和9年! 内装は昭和16年にイタリア バロック様式に改装されたそうで 豪華客船のホールのイメージなんだとか。 昭和初期という時代にもかかわらず、和と洋を組み合わせた 革新性、その後も改装されることなく建物が当時のままの姿で 残っている点が高く評価され、国の登録有形文化財に 指定されているそうです。 注文するときにクリームの「有無」を聞かれるので 私は「入れてください」とお願い。 ”たっぷりクリーム”は、珈琲の苦みが苦手だった 常連の宇野重吉さんのために考えられたというウワサですが、 藤田嗣治さんや太宰治さんも常連さんだったそうです! かんじんの珈琲のお味は…… あれ、こんなんだったっけ。 私の好きな感じではありませんでした。残念ながら。 でも、special な空間で、ゆっくりした時間を過ごせただけで (平日のお昼すぎ)しあわせでした♪ 「げっ!高っ!」と思いながらも「今日は特別だしね♪」とサンドイッチを注文して 遅めのランチをいただいたのでした。
ページトップへ