2016.09.26

*週末の朝のお楽しみ 第二弾「Fleischwurstフライシュ・ヴルスト」*(2010/01/24)

みなさま、今日のごきげんはいかがですか?

wurst(ヴルスト=ソーセージ)をこよなく愛するドイツの人々の食卓にのぼる、
そのソーセージの種類は数知れず……。
朝食には、スプレッドタイプのヴルストをパンに塗り……
町のインビス(スナックスタンド、食堂のような軽食屋さん)からは、
炭火焼きのヴルストの香ばしい匂いが漂い……
外のスタンドでは、カレー風味のケチャップソースのかかった、ぶつ切りのカリーヴルストを食べる人……
Cimg1488老若男女を問わず、みんなが大好きなヴルスト?
スーパーの売り場面積に対し、ヴルストの陳列面積はすごい!
イギリスからドイツに引っ越して来た時は、
もう、かたっぱしから、ありとあらゆるヴルストを試しました。今では、自分たちの好みも確定してきたので、
お気に入りのブランドのだいたい同じものを買っています。
そんな我が家の「定番人気」は、リング状になっている
Fleischwurst(フライシュ・ヴルスト)。
茹でて皮をむいた後、スライスしていただきます。
なかにはスパイスやハーブ、ガーリック入りなどのものもあり、
いろいろな味のバリエーションがありますが、
私はいつもプレーンなものを購入。
ダンナちゃんはマスタード派。息子はマヨネーズ派。
私は、マヨネーズ&マスタード(特に最近、気に入っているのは、バルサミコマスタード)派。
フライシュ・ヴルストは、脂肪分が少なく
さっぱりとしたおいしさ、なので朝食にピッタリ。
ゆっくり起きた週末の朝食に、これをいただくのがささやかな楽しみです*

ページトップへ