2016.09.05

*LOVE ドイツの黒パン*(2009/12/29)

みなさま、今日のごきげんはいかがですか?

Cimg1670ちょっと酸っぱいような独特の風味と、
パサパサ感、ボソボソ感が苦手……
あ〜、この独特の風味と、ずしっとした重厚な感じがウマいっ!
好き嫌いがハッキリと分かれることが多いドイツの黒パン。
私は、勝手にひとことで「黒パン」と呼んでいますが、
本当は、こういうタイプはXX、こういうのは……と
細かく名前が違います。それを語るほど詳しくないので、
とりあえず、「黒パン」=「(いろいろな)黒(い)パン」と
いうことにさせてくださいね。
黒パンは、ドイツの伝統的なパンで、
長く保存できるのも大きな特長。
また、健康的な食品としても人気。
素朴でいて、結構「主張が激しい」お味なので、嫌いな人も多いようですが,「LOVE?ドイツの黒パン」という私にとっては、
イメージしてしまったら、どうしても食べたくなっちゃう存在*
パサパサ・ボソボソしているけど、しているからこそ!?
クリームチーズやバター(たっぷり目の)との相性は抜群。
ハムやトマト、野菜など好みのものを黒パンではさんだサンドイッチは、
ドイツでは、定番中の定番メニュー。
黒パンは、どこのスーパーでも、いろいろな品揃えがあるので、選び放題*
私が一番好きな「黒パンサンド」の具は、写真の
スモークサーモンとクリームチーズ(とスライスしたキュウリかタマネギ)!
ちなみに、このパンはPumpernickel、ライ麦の黒パンです。

ふぅ〜ん、サーモンね……さて、そろそろ、このへんで前回の
Mrs.f World QUIZ クイズ No.3「この素材は何でしょう?」の答えがわかった方もいるのでは?
そうです。ブレスレットの素材は「魚の皮」!
パリで見つけたのですが、パッと見ただけ(触っても)では素材がわからず、聞いてビックリ!
「ふふふ、何だと思う?魚の皮だよ」と、心なしかうれしそうに見えるメーカーさん。
思わず匂いをかいでしまった私(もちろん無臭)。
魚の皮って、こんなに厚かったっけ?(あ、何枚か貼り合わせているかも……)
魚を切り身にしたり、加工する際には捨てられてしまう皮。
そんな大量の魚の皮を前に、「何かに使えないか」と考え出されたアイデアだそう。
捨てるだけなら、ただの「ゴミ」を、アイデアでユニークなアイテムに仕立てる……
ちょっぴりエコなブレスレット。軽くて柔らかで、なかなかイイ感じ。
ただし、デザインはもう少し考えた方がよさそう……。
まだまだ、試作段階とのことですが、みなさんは、どう思いますか?
ちなみに、使用されているのは、タラ、タイ、サケ、マスなどだそうです。
でも、私がちょっと気になっているのは、その皮「じゃない」方!
ブラジルに行った時は、お肉ばかり食べていた気がしますが、
どんな「お魚メニュー」が、あるんだろう……!?食べてみたいっ*

ページトップへ