2017.02.04

地域素材特集 第一弾 北海道旭川市

asahikawa_title_banner1

ごあいさつ

このたびマテリアループでは、日本各地にある地場産業を紹介し、アップサイクルなものづくりを推進する取り組みをはじめました。 地場産業のものづくりの課程で生まれるユニークな素材を発掘して、マテリアループで販売を進めてまいります。 第1弾は、全国的に有名な旭山動物園のある、北海道旭川市よりお送りいたします!
asahikawa_info_image1
北海道第二の都市である旭川市は、夏は暑く、冬は寒いといった盆地特有の気候です。 また、日本最北の動物園である旭山動物園が全国的に知られているかと思います。 そのほかにも、春夏秋冬と、一年を通してイベントが盛りだくさんの市です。
旭川市役所HP:http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/2017旭川冬まつり:http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/awf/
全国的にも有名な旭川ラーメンはもちろん、古くから特産品としても親しまれている、旭川家具、陶芸、日本酒、それから最近では、その品質の高さから農産物を生かした商品が話題となっています。 道の駅あさひかわ、まちなか交流館など、旭川の特産品を集めたお土産ショップなどが大変人気ですが、なかでも「北の恵み食べマルシェ」では、普段は味わえない旭川ならではの特産品も一堂に会するため大人気で、大勢の市民・観光客でにぎわいます。
asahikawa_info_image2

asahikawa_contents_banner1

北海道旭川市で、はちみつ、りんご、牛乳、黒米などなど、旭川近郊の農産物で作った手づくり石けん「ゴチソープ」を一貫して製造販売されている企業様よりご提案いただいた「ゴチソープ」のかけら。たっぷり200g。 あくまで端材ですので、洗剤としての使用はお避けください。ひとつひとつハンドメイドで丁寧に作られた石鹸の端っこたちを活用してみませんか。 ファスナーやはさみの刃、ジーンズ等の擦り切れやすい箇所などにこすり塗りすると、滑りがよくなります。商品詳細へ
北海道、上川地方の手作り石鹸ブランド〔GOCHI SOAP〕。 敏感肌の方でも使える質の高い石けんを作りたいという想いから、2016年4月、同ブランドを立ち上げました。 化学薬品を一切使わず、産地にこだわったナチュラルな成分で、丁寧に時間をかけて手作業で作られる石けんの生産量は、一度にわずか6個ほどしか生産できない希少なもの。 柔らかな石けんの泡は植物ベースの成分でケミカルフリーな北海道の自然の恵みによって洗浄します。配合している上川地方の原料は高品質なものにこだわり、そんな妥協を許さない姿勢も注目を浴びています。
asahikawa_contents_image2
asahikawa_contents_image2
●GOCHI SOAP(ゴチソープ) 販売価格:各¥800+税  
内容量:60g 使用期限:3年以内(常温) 2016年4月1日 販売開始 公式サイトへ

asahikawa_contents_banner2

asahikawa_contents_image1
滝澤ベニヤ旭川工場で、広葉樹の合・単板を一貫して製造されているメーカー様よりご提案いただいた「ペーパーウッド」の耳を、加工しやすい大きさに刻んだパーツ。たっぷり、1kgです。カラフルに色づけした再生紙と木材の積層による美しい断面を活かすのはもちろんのこと、端材ならではの「耳」をどんなふうに活用するか、創造心をかきたてられます。商品詳細へ
Paper-Woodは色のついた再生紙をはさみこんだまったく新しい合板です。 木口に現れる美しいストライプは、塗装などの後加工では得られない 独自の表情と質感を持っています。 2008年にPLYWOOD laboratoryにより開発された素材で、 現在までに日本国内において著名なデザイナーや建築家たちの 数々のプロジェクトに使用されてきました。 2010年にはGood Design Awardを受賞しています。商品詳細へ
asahikawa_contents_image1
asahikawa_contents_image1
PLYWOOD laboratoryの合板はすべて、北海道の自社の工場で生産されています。 北海道産の木材にこだわり、人の手で丁寧に製造された合板です。 木口面に穴などがないよう単板1枚1枚をしっかりと検品して補修をしているため、切った木口断面に欠点が少なく、美しい断面としてそのまま使用できる高品質な合板です。公式サイトへ

asahikawa_contents_soon

ページトップへ