2016.09.27

「たくさんある」ことで広がる可能性。

  s16圧縮ダンボールが何層にもなっている厚い紙。 什器を運搬する際に、動かないように 緩衝材としてはさんでいたという紙。 運搬完了後、不要になったため 「産廃」として排出されたもの。 紙なので上から書ける。描ける。 丈夫で軽い。 そして、なんだか くりぬかれた部分に、 特に大きな可能性を感じます。   s26特定の什器の特定の場所にはさむ。 もとは、ごくごく限られた用途のために 作られた形、くりぬかれた部分だったはずなのに、 偶然の造形が、新しいインスピレーションを生む。 1個だけでは見えなかったモノ・コトが、 複数あることによって見えてくる。 「……転がる……!」 複数を組み合わせることで、 さらにまた新しい可能性が見えてくる。
ページトップへ