2016.08.23

「循環する」ということ。

エコピリカ 北海道でリサイクル原料化されるガラス原料「エコピリカ」。 「エコ」はエコロジーのエコ。 「ピリカ」は「正しい・美しい」という意味のアイヌ語。 オホーツク海をのぞむ「流氷硝子館」では、すべての製品をエコピリカを使って製造しています。 エコピリカは、オホーツクのかたち。 それはまるで、オホーツク海にやってくる美しい流氷のよう。 循環しながら、生まれ変わりながら、毎年、くりかえしやってくる流氷のようにエコピリカは、何度も生まれ変わりながら循環する。 蛍光灯リサイクルガラスカレット みなさま こんにちは。 プロジェクトメンバーN(女子)です。この美しいガラスのカケラは、 蛍光灯リサイクルガラスカレット(1kg)¥1,620 (税込) マテリアループで好評発売中です。 製品を生産する際に、必ず出てしまう余分なガラスをカレットにしたもの。 もちろん、これを使ってガラス製品をつくることもできます! ※「エコピリカ」は野村興産(株)イトムカ鉱業所で、全国の自治体や企業から廃棄された蛍光灯をリサイクルしてつくられています。
ページトップへ